0歳BABY必見!無料サンプルまとめ詳細を見る

珪藻土バスマットもうやめた!理由は12個のデメリット。買い替えのおすすめは?

当ページにはPRが含まれるリンクがあります。

バスマットの選択、悩ましいものですよね。

大きくわけると布製か、珪藻土の二択。

布製バスマットの渇きの遅さに幻滅して珪藻土バスマットに変えた人も多いのではないでしょうか?

みほまる

私もその一人!

珪藻土バスマットの吸水性に感動!サラサラが続きますよね。

でも実は、珪藻土バスマットには使ってみて感じるデメリットが12個も潜んでいました。

この記事では、

  • 珪藻土バスマットをやめた12個のデメリットを詳しく紹介
  • そのデメリットがすべて解決する新しいバスマットに変えた話

を紹介しています。

珪藻土バスマットを買ってみたものの、削る面倒くささや、汚れが気になってきたあなたにピッタリの買い替え商品も紹介するので

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

じつは買い替えた新しいバスマットとは「割れない珪藻土バスマット」です!

珪藻土を粉状にして閉じ込めている新発想のバスマット!

きっとあなたのお風呂上りをより快適にしてくれるはずです。

目次(好きなとこへ飛べます)

珪藻土バスマットはもうやめた!理由は大量のデメリット

今まで布製バスマットを使っていた私。

珪藻土バスマットという画期的な商品に出会ってその吸水性に感動し、「バスマットは珪藻土一択!」と思っていました。

そんな私も珪藻土バスマットを使って約3年・・・

みほまる

どんどん出てくるデメリット・・・

結局、珪藻土バスマットの汚れが落ちなくなったのをきっかけに「割れない汚れない珪藻土バスマット」に買い替えました!

\すべてのデメリットを解消した珪藻土バスマット!/

まずは、珪藻土バスマット(ニトリ)をやめた理由と割れない珪藻土バスマット購入までの経緯を紹介します。

ニトリの珪藻土バスマットをやめた理由・デメリット10個

我が家ではお値段以上なニトリの珪藻土バスマットを使っていました。

でもその珪藻土バスマットをやめた理由、デメリットは10個もあります。

  • 珪藻土バスマットが欠けた・割れた
  • 染みついた汚れが落ちない
  • 珪藻土の吸水力が落ちた
  • やすりで削るのめちゃくちゃ疲れる
  • 衛生面が心配
  • 毎日立てかけて乾かすのが面倒
  • 置き場所に困る、珪藻土スタンドも邪魔
  • 冬場のお風呂上りがひんやり寒い
  • 吸水力が弱まると滑る
  • 珪藻土バスマットがすこしずつズレて不愉快

1:欠けた・割れた

珪藻土バスマットをやめて買い替えた一番の理由はこれです!

うちもそうですが、欠けてしまいました

写真が見えにくくてすみませんが、角が割れてしまいました。

割れたきっかけは、何だったのか、覚えてませんが、購入して3年以上たっていたので脆くたっていたんでしょうね。

みほまる

そう!この割れる・欠けるってデメリットが嫌!

2:染みついた汚れが落ちない

珪藻土バスマットをやめた理由の2番目は、汚れがついて汚くなったからです。

珪藻土を長期間使っているとカビのような黒ずみ、皮脂などの黄ばみ汚れが出てきます。

汚くてすみません!

この黒ずみや黄ばみを落とすには、ハイターやオキシクリーンなどの洗浄剤を使って漂白という形で落とすか、珪藻土を削って表面の汚れを削り落とすかの2択です。

どちらの方法でも汚れは落ちますが、一時的でまた汚れるし、カビが落とし切れていないことも。

みほまる

定期的に洗うのも面倒なズボラなんです~!

3:珪藻土の吸水力が落ちた

この珪藻土バスマット、およそ3年くらい使っていました。

買った当初は濡れた足で踏んでもすぐ乾くその速乾性に大喜びだったんですが、なんだか吸水力が落ちてきた・・・?

で、調べると、珪藻土って寿命があるらしいんですよ!

みほまる

えぇ!やすりで削れば半永久に使えるのかと思ってた!

気になる珪藻土バスマットの寿命は2年だそうです!

寿命の理由は、毎日の使用により皮脂や汚れで珪藻土の吸水性の肝である無数の穴がふさがってしまうから。

この珪藻土バスマット3500円くらいしたんですが、2年で買い替えなきゃいけなかったんですね・・・。

4:やすりで削るのめちゃくちゃ疲れる

というわけで珪藻土の吸水力を復活させたり、汚れを落とすために定期的にやすりで削るお手入れが必要なんです。

ダイソーで買ったやすりで頑張って削りました!!

みほまる

・・・ただ、めちゃくちゃ疲れる!

バスマットは小さな珪藻土コースターとは違って大きいので削る面が広いので大変なんですよね。

削り終わった後は「ふぅ~!やりきった!すっきり!」

なんですが、とても疲れたので、できるなら削りたくないですよね。

やすり不要なのがこの後くわしく紹介する「割れない珪藻土バスマット」です♪

\しかもニトリのバスマットの半額くらい!/

5:衛生面が心配

吸水力がおちたバスマットは濡れた足で踏むと不快なだけでなく、水分を含んでいる時間が長いので湿った状態が続きカビがわいたり不衛生です。

小さな子供もいるし、雑菌やカビで不衛生なのは心配ですよね・・・。

吸水性が悪くなって汚れたバスマットは買い替えるのが手っ取り早いです。

6:毎日立てかけて乾かすのが面倒

珪藻土バスマットは毎日立てて乾かすのが基本です。

みほまる

・・・めんどくさい

ズボラな私は、立てかける作業がめんどくさくて毎日立てかけるのはおろか、立てかけるのは気が向いた月1回くらいでした(笑)

布製のバスマットでも、吸水した水分がこもらないようにタオルバーにかけたりする必要がありますよね。

毎日のサラサラな珪藻土バスマットを保つためには、立てかけないといけない・・・面倒なデメリットです。

7:置き場所に困る、珪藻土スタンドも邪魔

珪藻土バスマットは毎日立てかけるのが基本。といいましたが、立てかけるには、滑り落ちないような良い感じの場所が必要です。

良い~感じに立てかけておかないと、倒れて珪藻土が割れたり、足の上に落ちて激痛!!なんてことも

珪藻土スタンドなんてものも売っているんですが、うちのような狭い洗面所のマンションでは邪魔だし、お掃除ロボットが激突する可能性もあります。

8:冬場のお風呂上りがひんやりして寒い

これは季節的なデメリットですが、寒い時期になると珪藻土バスマットがひんや~り冷たくなるんです。

冬になるとただでさえお風呂上りはさむいので、バスマットも冷たくひんやりしていると何気につらいです。

みほまる

毎日のことだから余計にね

珪藻土バスマットの上に布のバスマットを置く人もいるようですが、それだと吸水性の高い珪藻土バスマットをつかってる意味がない・・・です。

9:吸水力が弱まると滑る

汚れがたまったりして吸水力が弱まると、珪藻土がなかなか乾かず、運が悪いと珪藻土の表面で滑ってしまう可能性も!

吸水力が落ちるとやすりで削らないといけない、それが面倒なら買い替え、ですね。

\カバーを丸洗いできるから汚れても吸水力が落ちない!/

10:珪藻土バスマットがすこしずつズレて不愉快

そして、これは小さな小さなデメリットですが、珪藻土バスマットって硬い板状なので、毎日踏んでいると徐々に場所がずれてくるんです。

ニトリの珪藻土バスマットは専用の滑り止めがついてくるのでまだマシでしたが、やっぱり少しづつずれてました↓(写真上部)

【番外編】11:お掃除ロボットが乗ってしまいエラーが出る

ここからは番外編として2つのデメリットを紹介します。

このニトリの珪藻土マット。薄いのにしっかり頑丈なんですが、薄いのでお掃除ロボットのロボロックが乗り上げちゃうんです・・・。

そして、その度に珪藻土バスマットがずれて動いちゃって・・・あぁまたエラーです。

幸い最新のロボロックには進入禁止エリアをアプリから設定できたので大丈夫になりましたが、そんな機能がないお掃除ロボットだとちょっと厄介ですね。

【番外編】12:洗面所の床が傷ついてしまうケースもある

もうひとつの番外編デメリットは珪藻土バスマットが硬い板状なため、洗面所の床が傷ついてしまうことがあることです。

みほまる

うちの洗面所はクッションフロアなので大丈夫でした。

こんな小さなデメリットさえも解消するのが「割れない珪藻土バスマット」です♪

割れない珪藻土バスマットを購入!デメリットがすべて解消された!

珪藻土バスマットをやめたくなる10個(+2個)のデメリットを紹介しました。

  • 珪藻土バスマットが欠けた・割れた
  • 染みついた汚れが落ちない
  • 珪藻土の吸水力が落ちた
  • やすりで削るのめちゃくちゃ疲れる
  • 衛生面が心配
  • 毎日立てかけて乾かすのが面倒
  • 置き場所に困る、珪藻土スタンドも邪魔
  • 冬場のお風呂上りがひんやり寒い
  • 吸水力が弱まると滑る
  • 珪藻土バスマットがすこしずつズレて不愉快

そこで私が購入したのが「割れない珪藻土バスマット」です!

\しかもニトリのバスマットの半額くらい!/

割れない珪藻土バスマットは良いとこどり!(比較表)

布製バスマットと珪藻土バスマットのメリット・デメリットのちょうど中間に位置し、いいとこどりなのが割れない珪藻土バスマットです。

スクロールできます
珪藻土バスマット割れない!
珪藻土バスマット
布製バスマット
速乾性とても良い良いあんまり
二人目以降の速乾性良い良い悪い
感触の好みサラサラサラふわふんわり
お手入れ立てて乾かす
定期的にやすりがけ
カバーのみ外して洗濯洗濯
汚れの落ちやすさ落ちにくい
ハイターかやすりが必要
洗濯できれいに落ちる洗濯できれいに落ちる
使いやすさ割れる可能性あり
重い
割れない軽い
寿命・買い替え約2年長い
汚れたカバーを洗ってずっと使える
長い
汚れたら洗ってずっと使える
値段ニトリで3500円ほど私が買ったのは1780円100均でも手に入る

この商品の詳しいレビューはこちらで紹介しています。

珪藻土バスマットはデメリットが多いのでやめるのもアリ!

今まで珪藻土バスマットを使っていた人なら、私があげたデメリットのうちいくつか思い当たるポイントがあったのではないでしょうか?

少しでも気になったら今の珪藻土バスマットはやめて、粉状の「割れない珪藻土バスマット」おすすめです♪

快適すぎて、もう手放せません!

気になる耐久性、何年で買い替えることになったのか、また追記でお知らせしますね!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ にほんブログ村 子育てブログへ 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次(好きなとこへ飛べます)